進出サポート事例②

                 会社設立・進出サポート事例 ②
                R社(人材紹介会社)様

現地のフリーペーパーの広告から「会社設立を考えていますが、相談できますか」と言う電話を頂戴致しました。

色々な話を聞きすぎて何が最善か判らなくなってしまった

大手自動車メーカーの協力会社で、メーカー様の要望で日本ベトナムの往復を3ヶ月程度繰り返しながら視察をし、進出されることは決断されていたのですが、同社の経営者様は、慎重にことを進める為に設立コンサルティングを行っている会社や会計会社に日系だけでなく韓国系、欧米系、ベトナム系などですでに多数面談されて検討されており、「色々相談しすぎて、それぞれアドバイスに一貫性がなく、どうすれば良いのか分からなくなってしまった」という状況でした。  

お話を伺い、ベトナム進出に際して、必要なライセンスが外資で取得できることはすでにご存知でしたが、ご自身で考えられていた事業スキームがベトナムは可能かの確認と開業までにどのようなことを準備しておいた方が良いかを整理されたい状況でした。  

初回打ち合わせで整理

事業スキームの問題は、ベトナム人弁護士同席の打ち合わせにおいて、ベトナム側が法律的に問題ないことをスピーディーにお応えできたのは、まずはご安心頂けたようです。

また同時に、開業までにどのような準備をするべきかは、行った方が良いことの全体像をご説明した上で、スケジュール表に落とし込み整理致しました。

整理できたことで、ホーチミン市進出を決定され、オフィス開業までの全業務に弊社を窓口にしてご依頼いただきました。  

オフィス選定、法人手続き、内装工事、会計会社面談・スタッフ給与計算・会計・税務と人事労務の体制準備、人材会社面談、契約書の準備、法務相談サポートなどセットアップを全てお手伝いし、現在ホーチミン市で事業を展開されております。