特集ベトナムビザ

Q,ビザって「ビジネス」と「観光」は何が違うの?
A,来越の目的によって違います

ビジネスでベトナムに来るならビジネス【マルチ】ビザがおすすめ

ビジネスビザは、出張で来る方向けのビザになります。メリットは

「ベトナム国内で」ビザの更新を複数回できることです。

帰国予定日が定まっていないで赴任されるお客様、もしくは長期出張のお客様は、こちらの取得が便利です。

また、ビジネスでも「マルチ」とつくビザは、30日ルールもなく入出国も行え、ベトナム国内での更新も行なえます。 度々日本に帰られるお客様や、近隣諸国への出張の予定がある方にも安心で便利なビザです。

観光で東南アジアをめぐるなら「観光【マルチ】ビザ」がおすすめ!

「観光【マルチ】ビザ」は、国々をめぐる海外旅行に最適のビザです。

例えばですが、日本から出発し、ベトナム-タイ-カンボジア-ベトナムと外遊されてからベトナムに再度入国し、日本に帰国する、、、ということが可能です。

周遊されるご予定の方々におすすめのビザになります。

※ベトナムに1度限りのご入国予定の方は、「観光シングルビザ」で問題ありません。

Q,マルチとシングルは何が違うの?
A,ベトナムに複数回入国できるかどうかの違いがあります。

1度べトナム国外に出たら失効。更新も難しい「シングルビザ」

「シングルビザ」は、基本的に

「1度出国したら、期間が残っていても失効するビザ」 となります。

そのため、ベトナムに再入国する際には、ビザを「新規」で取得しなければならなくなります。 また、観光シングルビザとビジネスシングルビザは、国内での更新がそれぞれ

■ 観光シングルビザ最大延長1ヶ月で、1回のみ更新可能 (最長4ヶ月間の滞在が可能)

■ ビジネスシングルビザ最大延長3ヶ月間を、2回まで更新可能 (最長9ヶ月の滞在が可能)

となっています。

また、更新できなくて新規取得をしなければならない場合は 「1度、国外に出ないといけない」ビザです。

※飛行機で他国に出国しUターンして戻ってくる、陸路ならばカンボジアとの国境に行くなどで再度取得することができます。

ベトナムに出たり入ったりできて、更新も融通がきく「マルチ」ビザ

マルチビザのメリットは、「何回でもベトナムに入国できる」点です。

出張で、日本を含む国外とベトナムを、行ったり来たりしていただけます。

また、ベトナム国内での更新もビジネスビザは、ビジネスシングルビザよりも優遇されています。

■ 各ビザの更新可能回数と滞在可能期間のまとめ

ビザの種類 更新可能回数 最長滞在月数 (更新を使ったとき) 入国できる回数
観光【シングル】ビザ 1回 4ヶ月 1回
観光【マルチ】ビザ 1回 4ヶ月 無制限
ビジネス【シングル】ビザ 2回 9ヶ月 1回
ビジネス【マルチ】ビザ 無制限 無制限 無制限

※法律の変更や運用の変更が行われ、ビザの更新や滞在できる期間が変更される場合が有ります。 例:2016年1月~2016年3月まで、運用の変更により観光ビザの国内での更新が一切できない期間がございました。

ビジネスマルチビザがおすすめの方

*ベトナムと日本を往復されることが多い方 *出張で長期間の滞在をされる方 *東南アジア各国を行ったり来たりされる方 *ベトナム国内で労働許可証の取得を考えられている方

長期でのご滞在、ベトナムを入出国されるご予定のある方は「ビジネスマルチビザ」がおすすめです。

「観光ビザで来てしまったのだけど、なんとか国内で更新できないか」というお問い合わせを多数いただきます。観光ビザは現在最大で30日間までは1回のみ延長できますが、それ以上となる場合は、一度ベトナム国外に出て頂き、新規にビザ を取得して頂くことになります。

観光マルチビザがおすすめの方

*ベトナム-タイ-カンボジア-ベトナムなど周遊される方 *短期間だけ日本とベトナムを往復される方

観光マルチビザは最長で3ヶ月間。 ベトナム国内で「1回だけ」30日間は延長することができます。

Q,日本でベトナム大使館とか領事館に行くのが大変なんだけど
A,取得費用も割安なアライバルビザがおすすめです。取得は出国前ではなく、ベトナムの空港到着時ですので、時間も節約できます。

ベトナムの空港到着時に受け取れる「アライバルビザ」が費用も時間も断然お得!

アライバルビザは、ホーチミンのタンソンニャット国際空港、ハノイのノイバイ国際空港、ダナン国際空港に到着後の入国審査を受ける前にビザを発給してもらえる仕組みです。日本でベトナム大使館に行く手間も省くことができるだけではなく、通常に取得するよりも割安です。

ホーチミンのタンソンニャット空港内

ビザの取得済み登録をする為に、Eメールでパスポートの写しを送って頂きます。通常4日程度で、弊社からEメールにて、ビザの取得済み登録票(公電)、ビザ申請書、書き方の見本をお送りさせて頂きます。公電とビザ申請書は、出国前にプリントして頂きます。ビザ申請書を記入し、パスポートと発券費用の3点を一緒にビザカウンターに提出して頂きます。15分程度でビザが発給されます。

※ベトナムの空港では、公電は必ずプリントされたものが必要になります。 また航空会社のチケット発券カウンターでは、ビザの有無を確認していますので、公電のプリントを掲示することになります。公電と申請書をプリントできる環境がこのサービスの条件になってきます。

※申請書には、写真を1枚貼る必要があります。

Q,割安のアライバルビザの公電費用っていくらぐらい?
A,下記の表をご確認下さい

滞在期間や用途により選択

ビザの種類 料金 更新可能回数
観光【マルチ】1ヶ月ビザ の公電 55USD 現地で1回
観光【マルチ】3ヶ月ビザ の公電 120USD 現地で1回
ビジネス【マルチ】3ヶ月ビザ の公電 210USD 無制限
ビジネス【マルチ】6ヶ月ビザ の公電 400USD 無制限
ビジネス【マルチ】1年ビザ の公電 700USD 無制限

※この他に空港ではビザの発券費用がかかります。公電と発券費用のトータルの金額でも、通常に取得するよりも割安になっています。

 

こちらの特集では記載していないビザもございます。最新情報を基に最適なビザと取得方法をご提案しております。

お気軽にお問い合わせ下さい。